保守サービス

中古コピー機を導入した場合、心配なのは保証の問題です。もしも故障してしまったら、その商品は廃棄するしかないのでしょうか。紙詰まりなどのトラブル、消耗品の交換など、気になる点は多いと思います。

保守サービス定期的なメンテナンス、緊急の修理や復旧、様々なトラブル対応を行う保守サービス、保守サービスに入っていない場合に対応した修理サービスなどがあります。日常的に使う機会が多ければ多いほど、毎日のトラブルに対応してくれる保守サービスに入る必要があります。

保守サービスの一般的な契約形態はカウンター保守と呼ばれるものになります。多くの場合、中古コピー機にはメーカー保証が付いていませんので、販売店に商品保証を付けてもらうことになります。そのため、販売店によって保障の内容は様々で、サービス自体にも違いがあります。必要に応じたサービスをしっかりと調べて損をしない選択をしましょう。また、お店によって保守出来るコピー機と保守出来ないコピー機がありますので、そこにも十分に注意してください。

コピー機を購入すると決めた場合、多くは日々の業務などで頻繁に使うケースが想像できます。そのため、メンテナンスや修理など、定期的に行ってくれる保守サービスに入った方が無難と言えるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket