購入するときのポイント

中古コピー機は新品のコピー機とは違い、商品状態に違いがあります。また、商品自体の性能も様々です。何の考えも無しに購入してしまったら、限りある資金を無駄にしてしまうかもしれません。注目すべきポイントは一体どこなのでしょうか。

外装状態まず、外装状態とカウンタ枚数は確実にチェックしてください。モノクロコピー機、カラーコピー機の違いやファックス、プリンター、スキャナーなどの機能が必要かどうかも検討するべきでしょう。印刷速度にもプリンター毎に違いがありますので、快適に速度を選んでください。メーカー毎、紙詰まりしにくい、導入コストが抑えられる、故障しにくいなどの特徴があります。

外装状態とは、文字通りコピー機自体の汚れや傷、破損などの見た目での保存状態です。実店舗で現品を確認出来る状況であれば問題ありませんが、通販など実際に商品自体を観ることが出来ない場合、写真や文章などでなるべく詳しく説明している店を選びましょう。カウンタ枚数は、今までの印刷枚数で、商品状態を表しています。カウンタ枚数をしっかりと確認出来るお店を選ぶことがより良い商品を選ぶコツと言えるでしょう。

前任者がどのような使用方法をしたか分からない中古コピー機。だからこそ、商品状態にはこだわりたいものです。確認したいポイントを分かりやすく提示してくれるお店は信頼感があります。是非とも頭に入れて置いてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket